忍者ブログ

きういのブログ

一日に必要な水とか糖尿病の喉が渇くとかのこと

一日に必要な水の量は1リットル以上とか、水分が不足していると体に悪いとも言われますが、適量はやはり1リットルから2リットル程度でしょうかね。

一方で糖尿病の喉が渇くとかその時の水の量はどれほどなのか、どれほどだと喉が渇きすぎているのかはなかなかわからないですね。



夏で言うと外を歩けば2リットル飲んでも不思議ではないですし、それを考えると3リットル以上になると喉がかわきすぎて糖尿病の可能性があるということになるかもしれません。

糖尿病を防ぐには個人差はあると思いますが、甘いものを食べすぎない、炭水化物は少なめにする、寝る前に食べない、ある程度空腹になって寝るような状態にする、一度に食べずに3食分けて適度な状態を維持するなどがあるようです。

炭水化物が多い時はジュースを飲まないとか、ジュースを飲む時には炭水化物は減らすなどしてもいいかもしれません。

最近は四年寄りは水分量が少なくなると頭の働きが鈍るとか悪くなるとも言われていますが、感覚ではお年寄りに限らず、高齢者ではない人中年や若い世代の人でもやはり摂取する水分が少ないとさえないとか良い判断ができないなどの症状が出てくるようなので適度に飲んだ方はいいみたいです。

ジュースが中心だと飲むことを躊躇したり、飲む量が減ってはしまうので、お茶とか水を飲まれた方がいいですね。

ペットボトルが普及してからはジュースを飲む量が増え、糖尿病だとジュースを飲むとのどが渇き喉が渇くとまたジュースを飲むという悪循環が起きることも増えていたそうです。


しかし一方で運動をすると糖分は消費されるので、運動中だとジュースを飲んでもそんなに糖尿病が悪化することはないらしいともいわれているみたいです。
 

やはり外では直射日光をさけるとか、外からの暑さを防ぐのは大事ですね。

真夏に長時間日差しを浴びていると体温が高くなっていき、水分補給してもそれ以上の汗が出てきて常に脱水症状の状態になるという感じなので太陽の暑さを遮ることは大事ですね。

意外と木陰の涼しさというのは気温が低くなり、効果があるように思いました。


暑い時期熱中症がより増える時期というのは7月中旬から8月上旬までのようです。

8月中旬になると残暑で暑さが収まっていくとも言われますが、実際には時々暑い日があるという感じで気温が高温が数日続くということは減っていくみたいです。


PR

コメント

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R

忍者カウンター