忍者ブログ

きういのブログ

8月中旬になると1日に1分日没が早くなっていく

まだ8月ですが日没が早くなってきているので、夏と言う感じがせず夏はもう終わったとか秋のような感じもします。

昼はやはり夏ですが夕方になるとなんとなく太陽の角度がやや夏ではなくなってきているなとか、空の色も違う気がします。

8月中旬になると一番遅かった時よりも30分早く太陽が沈むようです。

8月になるまでは日没が同じ日が1週間から10日ほど続き、その後遅くなったり早くなったりしていくようですが、8月になると日没が1分ごとに速くなっていくそうです。

なので10日後には日没が8分とか10分程度早くなっているらしくそれで急に日没が早くなったと感じやすいそうです。

20日前のことでも明るさが全く違うとか、違う季節のことのように感じてしまいます。

あたり前かもしれませんが、夏は影が短くなり、冬は影が長くなるそうです。


あとはお盆を過ぎると海で遊ぶ人は減りますね。

それまでは人であふれていたのにがらがらになることが多いみたいです。

海の家の繁盛期というのは季節の夏以上に短いのかもしれません。
PR

コメント

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R

忍者カウンター