忍者ブログ

きういのブログ

暑さ対策、冷たくて涼しい寝具や熱中症や脱水症状などの予防

今年は気温が41℃を超える時もありますが、だいたい9月になるとそこまで猛暑にはならないそうなので、あと20日ほど可能性があるという感じでしょうかね。

猛暑など暑さ対策としては直射日光など太陽を直接浴びない日傘を使う、濡れたタオルなどで体の熱を取る、冷たい飲み物を飲むなどがありますね。





昔からひんやりするマットとか布団カバーなどは販売されていましたが、今はさらに冷たく気持ちいい寝具と言うものも販売されていますね。

昔のつめたい寝具は普通のものと比較するとやや冷たい感じかなというものでそこまで冷たくもないかもしれないと思っていましたが、今は進化しまるで濡れているかのようなひんやり感で驚きました。

冷房でもそうですが、暑くなる前に買おうとはなかなか思えない、買おうと思った時にはもう夏もそんなに長くはないかもしれないしもうあまり使わないかもしれないと思って迷ったりもします。

冷房となると設置までに1週間2週間も要することもあるそうなので、ほとんど夏が終わっているかもしれません。

かと言って夏前はできるだけお金をかけたくないとか、高齢な方だと夏は冷房は使いたくないという方も多く気温が40℃になるかならないかになってやっと購入しようと思われる場合が多いようです。

夏の商品は夏が終わる頃にさらに値下げされるそうです。

1年後のために1年後の準備で購入されるのもいいですが、またさらに1年が経過していてどんな1年になるのか、1年経った時に今を懐かしむようになるのかと思うと時の流れは複雑な気持ちになりますね。

高齢者の方だと1年後元気なままでいられるのかもわかりませんからね。

昼の暑さ対策では太陽の暑さを防ぎ、飲み物もぬるくても冷たくても同じ液体だし水分補給の面では冷たさを感じる以外はほとんど変わらないだろうと思っていましたが、冷たい飲み物の方が体温を下げるのでいいみたいですね。

あとはできるだけ薄い服を着るとか、肌を覆いすぎない方がいいみたいです。

今年はたまたまシースルーの服も流行っているみたいです。

猛暑だから着ているとか流行っているのではなく、たまたま猛暑と重なったみたいですね。

生地も綿などの方が体温を溜めこまずにいいようです。
PR

コメント

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R

忍者カウンター