忍者ブログ

きういのブログ

小林麻耶が結婚した、義母が結婚をすすめていたとか

小林麻耶さんが結婚しましたが、結婚について世間では自分の幸せを考えてほしいという意見が多く結婚した時には幸せになってほしいとかおめでとうという意見が多くなっていました。

それらを見るとそれでは結婚していない時、小林麻央さんの子供の送迎や学校の説明会や受験などに対応していた時は幸せではなかったのかとか、小林麻央さんの子供はあまりいい風に表現されていないようにも感じるのでどうなのかなと言う感じはしました。

女性自身ではこの子たちのママは私しかいない――。そうした重圧のなかで、彼女は自ずと自分の幸せを後回しにしてきたと言う表現が使われていました。

子供から見れば自分達は幸せを後回しにさせてしまう人なのかという思いにもなるでしょうし、子供達にとってはどこかかわいそうというか気の毒にも感じてきました。

子供達にとっては麻耶さんはおばさんであり、麻耶さんの結婚などにはそんなに思うことはないのかもしれませんが、子供の環境もやはり大事には思いますね。

麻耶さんは一度子供の世話をした関係なので、そういう人間関係はできあがっているかもしれませんしそういう人が遠くにいってしまうということは複雑な気持ちにもなるかもしれません。

結婚するならば結婚の可能性があるならば最初から麻耶さんは子供との距離をとっておいた方がよかったのかもしれません。

子供達にはどう伝え子供達の反応はどうだったのかも気になりました。

市川海老蔵さんのこれまでの発言を見ると麻耶さんとの結婚はない、交際もしていないし結婚相手の候補ではない、小林麻耶さんには自分達のことはあまり関与しなくていいと思っているというような感じのことは言っていました。

元々歌舞伎の世界では家族以外の歌舞伎に関係ない人とは親戚付き合いは控えめにするそうです。

なので小林麻耶さんも結婚しなければ海老蔵さんの家族から離れることは決まっていたみたいですが。

そういう背景もあって市川海老蔵さんの母親が麻耶さんに違う人との結婚をすすめていたそうです。


小林麻耶さんは何か理由がない限り麻央さんの子供から離れることを決めるとは思えませんし、歌舞伎の事情が影響したんじゃないかとは思いますね。


前からおいめいをかわいがりすぎているといわれるほど、思いを持っていたそうですから自分の結婚で離れていくとは考えづらいように思いました。


PR

コメント

フリーエリア

プロフィール

HN:
No Name Ninja
性別:
非公開

P R

忍者カウンター